0547-34-3370
静岡県島田市本通2-4-20 FAX 0547-34-3371

イマジンでは一緒に働く仲間を随時募集しています。
お気軽にお問い合わせください。
 
外部求人サイト(イーアイデム)へ
外部求人サイト(ハローワーク)へ


スタッフに聞いてみました。
「イマジンで働くってどんな感じ?」


柴田珠莉亜さん

 
入社のきっかけは?
以前から障害者福祉に興味がありました。人と関わる事も好きなので、この仕事を通して人の役に立つことが出来ればと思い入社しました。
 
 イマジンってどんなところ?
私は放課後等デイサービス「この指とまれ」の支援員とグループホーム「ついつい雨やどり」の世話人を兼務しています。
未経験で入社し、まだ間もないのですが、温かく頼りになる先輩方が沢山います。
 
この仕事のやりがいは?
 まだ仕事を始めて間もないのですが、先輩方の支援を見ながら自分なりにやりがいを想像している最中です。
 
求職中の方へ
障害者福祉は、高齢者福祉とはまた違った部分での幅広い視点が必要だと思います。
友達を支えるような、支援をする方もされる方もお互いが楽しくなれる所です。


 

 

青島由美子さん

 
入社のきっかけは?
私は以前、別法人のグループホームで世話人をしていました。そこの入居者さん達がイマジンの移動支援を利用しており、出入りされるヘルパー達が皆さん好感持てる方で、その仕事を辞めた後でもその頃のエピソードを思いだす事がありました。 
次の仕事を考えていた時に、たまたまイマジン通信を目にしたり、インターネットのハローワークの募集広告の中にイマジンを見つける度に、またあの頃を思い出し、働いてみたくなりました。現在はらくらく雨やどりで世話人として楽しく働いています。
 
 イマジンってどんなところ?
ジーンズの似合う澤島理事長を筆頭に、スタッフは10代から70歳を超えてもバリバリ元気な方まで様々な年齢のつわもの達(笑)がそれぞれの事業所で働いています。
 
この仕事のやりがいは?
入居者さん達は毎日表情が違います。常日頃から世話人同士で情報を共有し、連携して支援させていただいています。結果として入居者さん達の笑顔に繋がった時は、疲れも吹き飛びます。
 
求職中の方へ
この仕事は正直楽ではないと思いますが、入居者(利用者)さん達と共に自分も成長させてもらえる仕事だと思います。


 

鈴木聡さん

 
入社のきっかけは?
実は僕は以前、美容師をしていました。その頃、障害者施設にボランティアで髪の毛をカットしに行った事があります。事情があり美容師を辞め、他の仕事をしましたが、自分の中で何か違う…という思いがありました。そんな中、ボランティアに行った時の事を思いだし、障害者と関わる仕事をしてみたいと思いました。イマジンでの面接の際に、理事長の話を聞き『ここだっ!』と思い決めました。
 
 イマジンってどんなところ?
仕事で迷ったり困っていると、とても親身になってアドバイスをしてくれる先輩方がいて、まだ経験の浅い僕の思いもしっかり聞いてくれる、そんな温かい職場です。
100人ほどいる職員は、職歴や経験してきた事や性格もいろいろで面白いですよ。
 
この仕事のやりがいは?
正直今の僕には、やりがいが何かを考える余裕はまだありません。
ですが、先輩の支援のやり方を真似してみたり、教えてもらった事を実践して、うまくいった時は自己満足しています(笑)
 
求職中の方へ
 障害者支援の仕事の経験はない方でも、イマジンの先輩方は親切丁寧に教えてくれます。そんな中で働くと少しずつですが成長した自分を見ることができると思います。僕は未経験から働き始め、まだ1年です。この1年で何がどう成長したか言葉にするのは難しいですが、沢山の事を吸収できたと思います。経験のない方でもイマジンなら大丈夫ですよ!一緒に働きましょう!


 

原田亮さん

 
入社のきっかけは?
以前から、まわりの方たちに自分は人と関わる仕事が向いているんじゃないかと言われていました。
高校を卒業して、ボランティアに参加した時(今思えば当たり前ですが)障害者ひとりひとりに個性があり、笑顔も沢山見られて楽しかった。相手を支えたつもりが自分も支えられていたように感じ、この仕事に興味を持ちました。
 
 イマジンってどんなところ?
イマジンは障害者の自立生活に関わる事業、障害者との交流事業、災害救助のネットワークづくり事業、地域コミュニケーションを活発化する事業、障害福祉サービス事業、放課後等デイサービス事業、移動支援事業、その他目的を達成するために必要な事業と幅広く取り組んでいます。
Imagine(想像する)の名の通り、障害者の将来に繋がる大きなビジョンから、支援中この先にどういう危険があるか、どういう展開が考えられるかなど常に想像する事が大切です。また日々障害者に接することで、当事者から教えてもらう事が多くあります。
 
この仕事のやりがいは?
支援には正解はないと思います。正解がないから大変なのではなく、日々それぞれの職員が障害者ひとりひとりの事を考え、仲間と話し合って共有する事で、幅広い見方で支援ができると思います。支援を通して障害者も私たちも共に笑顔になって幸せになれると感じます。
 
求職中の方へ
障害者支援の仕事と聞くと不安や苦手と思う方もいると思いますが、イマジンには優しく頼りになる職員が沢山いますよ!一緒に“共にしあわせになるしあわせ”を目指しましょう!!